FX(外国為替証拠金取引)に関しては取引所取引というものがあります。普通のFX会社と売買を実施する行為を「店頭取引」と呼ぶのですが、これは取引所を通過させないで売買の目標は外為取引(FX)企業になります。「取引所取引」という場所は外国為替証拠金取引(FX)企業は仲介役であり、直接の商売パートナーは取引所になっています。この違いをちょっと比較していきましょう。最初に「店頭取引」の折は一時預かりしてある証拠金はFX(外国為替証拠金取引)企業にコントロールされているのです。「取引所取引」のケース、資金は全額取引所に預託しないとならないと決まっています。そうする事で万一外為業者が破綻してしまうというような事態があったとしても、取引所取引は取引所によってお金は全額守護してもらうことになるのです。前者のFX業者が管制しているため、業況によっては会社経営の行き詰まりの巻き添えをに遭い寄託していたお金は防守されないかもという可能性があります。重ねて税金を考慮しても両者に関しては内容に差異がございます。「店頭取引」では、変動利益やスワップ金利などを雑所得として月給と合計で申請せねばなりません。けれども確定申告せず済む際もあるとの事ですので、わが身に一致するかどうかよく検証をお願いします。もしも貴方が労働者で収入二千万円以下、給与所得以外の実収が二十万円以下(2社以上の会社から賃金所得はないこと)というようなのような取り決めを守っているということであれば特別というお話で確定申告は不要です。FXの収益が20万円以上の場面は確定申告をするようにして下さい。税率は実収に伴い5から40%の6段階に組み分けされていて、利益が高ければ税金も上がってしまいます。「取引所取引」については、利益があった際には他の儲けとは別で考えておいて「申告分離課税」の対象となるのです。税金の率は全て同じ20%となるのですが、もしかして損金が決まったなら「取引所取引」の得策として赤字分を翌年以降に先延ばしができるのです。上記のように、「取引所取引」の方が「店頭取引」よりも安価なtaxになる際も大いにあるので比べてみて考えた方が良いと考えます。ことに新参者の方は、ジャスダック株価の浮き沈みや円の動きに毎日注意して、利潤や損金分に手に汗にぎる事で、税金においての事実を忘れてしまいがちなってしまうこともあるんです。損金は困るのですが、収益が上がれば税金も額が高くなるので目を向けるのとわきまえる事が肝要との事です。