外国為替証拠金取引(FX)には取引所取引という場所があります。日常的の外為業者とトレードを実施するという行動を「店頭取引」と言うのですが、取引所を通過させないでビジネスの相手は外為取引(FX)業者になります。「取引所取引」という場所は外為取引企業はとはいっても仲だちであって、直接のビジネスペアは取引所になるのです。この相違をただ今少し比べていきましょう。まず「店頭取引」の場面は委託しておるお金は外為(FX)会社に管制されています。ところで「取引所取引」の時、証拠金は総額取引所に預金しないといけないと義務になっているのです。もし外国為替証拠金取引(FX)会社が経営破たんしてしまう問題が万が一あったとしても取引所取引は取引所によって資金は総額防護してもらえることになるのです。際は外国為替証拠金取引(FX)企業がコントロールしているため、景況によっては企業破産のしわ寄せをの傷を受けて預けていたお金はガードされずにいくのかもしれないです。加えて税金を考慮しても両者においては規定に差異が見受けられます。「店頭取引」では、為替差益やスワップ金利などを雑所得として賃金と一緒に計算して届出をせねばいけません。だが確定申告しないで良い時もありますのでおのれに合致するかどうか念入りに検討をお願いします。もしあなたが会社員で年俸二千万円以下給与所得以外の利益が20万円以下(2.3の事業者から賃金所得は無いということ)といった内容を守っている状態でいるということであれば特例という訳で確定申告は必要ありません。FX(外国為替証拠金取引)もうけが二十万円以上際は確定申告をするようにして下さい。税金の度合いは収益に即して5〜40%の6個の段階に分割されており稼ぎが高いのであれば税金も上がってしまいます。「取引所取引」では、もうけがあった時はその他の稼ぎとは別として「申告分離課税」の対象となるのです。税率はすべて20%となるのですがもしも損失が決定したしからば「取引所取引」のメリットとして損失分を翌年以降に先送りが可能です。上記から見ても、「取引所取引」の方が「店頭取引」よりも低価格な税になる事もあるので比較してみた方が良いでしょう。ことにビギナーの方なら、JASDAQ株価の変動や円の動きに常に配慮し、利益や赤字に手に汗にぎる事で、税金の事実を忘れがちになってしまうこともありますので、気をつけましょう。損分は困りますが、実収が上がれば税金においても値上がりするので注目とわきまえる事が重要な点ですね。